玲奈が選ぶ増大サプリ購入の手引書

女性目線で選ぶ 増大サプリ購入の手引書

女の癖に男性器に関するサイトを運営しているなんて、と思われる男性がいるかも知れませんが、世界的な解剖学者で勃起メカニズムについて研究しているのは女性なんですよ。

 


生物学者のDiane Kelly(ダイアン・ケリー) 氏は、骨格を入口にペニスに興味を持ち、ときに硬くなるこの器官についての研究を行ない、ついに勃起によりペニスが硬くなるメカニズムを突き止めました。笑いを交えつつも真面目に語る、勃起の仕組みに耳を傾けてみましょう。(TEDMEDより)

あなたにぴったりの増大(勃起力回復)サプリ選びの解説と下調べ

女性目線でのペニス増大サプリってどんなものでしょう

 

男の人ってちょっと勘違いしていると思う。

 

ちんこが大きいと女が喜ぶと思っている輩が多い。

 

自分でオチンコが大きいと思っているヤツは必ず行為の最中にこう聞いてくる。

 

”どうだ俺のちんぽは大きいだろう””大きいのは好きか?””大きいと気持ちええやろ””昔の男と較べて俺のはどうだ?”

 

正直ウザイ!

 

大きさなんて普通ぐらいで丁度良いの。

 

あまり大きいと体調が悪くて濡れにくい日などは痛いだけ

 

口でするのも大きいのは疲れるから嫌。

 

それより硬さが大事。大きさは普通で良いから硬いペニスの方が感じるし、オルガスムス(アクメ)にも達しやすいの。

 

インサートの時間も大事。

 

短いのも嫌だし、そういっても長すぎるピストン運動も痛くなってきちゃうからダメ。

 

出来たらしっかり前戯で濡れさせてくれて、挿入してからその硬さが最後まで続くことが大事ね。途中で萎えちゃったら私という女に魅力を感じていないのかと疑っちゃう。

 

 

 

 

男性なら誰でも軽い勃起障害に陥った経験を持っているのではないでしょうか。

 

恋人や奥さん、あるいは不倫相手と夜を過ごそうとした時に、前戯段階で勃起が収まってしまい、彼女のフェラなどでも一向に逞しい勃起が回復しなくてフニャチンのまま気まずい夜を過ごした経験はありませんか。

 

その勃起障害の原因が疲れにあるのか、ストレスにあるのか分からずに、女性側からは”私の事を愛していないんじゃないの”なんて言われたりしたら、その言葉がトラウマになり重篤なED(勃起障害)症状としてなっていく場合もあります。

 

勃起障害にはペニスが思うように勃起しない、硬さが持続しない、挿入までたどり着かない、早漏、遅漏など色んな症状が表れます。

 

 

その原因を探っていくと、2点に絞られると考えられています。

 

 

それは、ストレスと男性ホルモン(テストステロン)の減少によりホルモンバランスの乱れと加齢による自律神経の乱れが大半を占めていますが、日々の仕事で追われていると勃起障害の原因がどこにあるのか分からずに、ただ疲れているのが理由だと自分を納得させてすましてしまいがちです。

 

 

 

日々の仕事に忙しさにかまけて放おっておくと、男性更年期障害、鬱(うつ)病などを引き起こしかねないので注意が必要です。

 

管理人の旦那様もも過去に鬱病を発症して、仕事が続けられなくなり退職した経験を持っていますので、その大変さは身を持って経験しています。

 

減少していく男性ホルモンを補うにはサプリで摂取するのが、コスト的にも一番楽な方法ですが、その手のサプリは種類が多く、呼び名も様々で

 

一体どれを選べば自分にあったサプリに行き着くのか、自分も苦労してきました。

 

ネットで情報を探しても、礼賛の記事ばかりで信頼性に欠けます。

 

ホルモンバランスを整える事の重要性

 

働き盛りの世代は、子育てに始まり住宅ローンの重圧、長時間通勤、残業が多い仕事、人間関係の縺れなどストレスの多い生活を強いられています。

 

このストレス過多によってホルモンのバランスが崩れ様々な自律神経の乱れが元で、怒りっぽくなったり、不安感に苛まれたり、情緒不安定に陥ったりして自分自身の心のコントロールがうまく出来ない状況が起こります。

 

身体の部位が傷ついた訳でも無いので軽く考えがちですが、このホルモンバランスというのは男女とも生きていく上で、決して軽視してはいけない事だと思います。

 

一番わかり易い症状は、女性が出産後にかかるマタニティブルーと呼ばれる症状で、出産によって一時的に女性ホルモンが急激に減少することから起こります。

 

女性にはさらに閉経という身体が変化すす時期がありますので、この事で昔からホルモンバランスの大切さは認識されてきました。

 

しかしながら男性の場合は、ホルモンバランスでその人の性格や人間性まで変わってくると言う事は理解されてきませんでした。

 

女性に更年期があるように男性にも更年期障害があります。

 

男性ホルモン(テストステロン)の減少によって引き起こされる初期症状には以下のようなものがあります。

 

日常生活において

 

1.「朝、疲れが取れずになんだかだるい」

 

2.「やる気が起きない」

 

3.「何かか心配で眠れない」

 

4「性欲が湧かない」

 

5.「集中力が無くなった」

 

6.「物事に対しての好奇心(興味)が薄れた」

 

7.「会社に行きたくないと毎朝思う(出社拒否」

 

8.「簡単な計算に手間取るようになった」

 

9.「自殺願望に襲われることがある」

 

初期段階の症状はやもすれば会社生活において、集中力が無く仕事が出来ない、サボリ癖があるダメな奴とかのレッテルを貼られてしまう恐れがあります、しかしながら社会はこの症状を病気だとは理解してくれません。
この症状が進むと男性更年期障害(LOH症候群)に陥り、周りの理解が得られなければ仕事まで失う事になりかねません。

 

 

性生活において

 

性交時に勃起しない(しにくい)

 

持続力が続かない(中折する)

 

挿入前に射精してしまう。

 

精液が薄くなる

 

前戯だけで満足してしまう。

 

男性ホルモン(テストステロン)が身体に及ぼす影響とは

 

テストステロン(男性ホルモン)にはネガティブな感情が湧くのを抑える働きがあります。

 

減少することにより得体のしれない不安感や夜眠れない、抑うつ効果が失われ鬱を引き起こします。

 

さらにフェロモンを発生させて異性を惹きつけたり興奮作用のある神経伝達物質ドーパミンを増やす働きや陰茎の勃起に深く関与している一酸化窒素(NO)にも影響を与え、その減退はED(勃起障害)や「朝立ち」が無くなったり、性欲の減退にも直結していきます。

 

それでは男性ホルモン(テストステロン)を補うにはどうしたら良いのかというと、

 

ストレスを溜め込まない事。

 

それと加齢によって減少する男性ホルモン(テストステロン)はサプリメントで補う事が一番簡単でコスト的にもお勧めできると云うことです。

 

これまでに車一台分ぐらいのお金をその種のサプリに費やしてきた管理人が出来るだけ分かりやすく解説していきます。

更新履歴